足が太い基準

足が太い基準ってどこにあるの?

足が太いかどうかって意外と気になりますよね。そもそも自分の足が太い部類にあるのかどうかって基準がわからないとなんとも言えないところがあります。

 

自分の足が太いのかどうかは数値ではわからない部分がありますから、明快な基準というのは存在しないというのが答えにはなるでしょう。例えば身長が違えば太ももとふくらはぎの太さが同じでも、身長が低い人の方が足が太く見えますし、絶対的な基準があるというよりは相対的な基準で決まるということをまずは知っておく必要がありますね。

 

なので、何cmくらいの太さが美脚に見えるかというのはあまり参考にはなりません。

 

仮に太ももの太さが50cmだとしても、筋肉質な人の50cmと脂肪がついている人の50cmでは引き締まり具合も違ってきますし、相手に与える印象も変わってきますから、数値やデータで足の太さの基準を決めるのはあまり意味がないということを覚えておきましょう。

 

自分の足が太いかどうかは相対的なものなので、周りの人がみんな足が太い人たちなら自分の足は細く見えますが、実際はそんな風にはいきません。むしろ周りの人の足を見て自分の足の太さにため息をつくことの方が多いと思います。

 

ですから、自分でできる対策をしっかりと取ることが大事になりますよ。

足が太いかどうかは自分で決めるのが大事!

自分の足が太いかどうかを決めるのは相対的なものということですが、周りとの関係で自分の足が太いかどうかを決めるのはあまりしたくないですよね。周りと比較するよりも「自分が自分の足の太さをどう思うか」の方が大事なので、自分が納得するような状態を目指すというのがいい考え方になりますよ。

 

例えば、太さを気にするのではなくてシルエットをキレイにするというのも一つの考え方です。

 

O脚のように太ももからふくらはぎにかけて広がっているのは見た目があまり良くないので美しいシルエットとは言えませんし、足が細すぎて筋肉がない場合も、膝の骨が飛び出てしまって健康的な印象は与えられません。

 

そういった身体のバランスによってスタイルの良さというのは人それぞれ違っていますから、太さにばかり気を向けるのではなくて「どうやったらキレイなシルエットに見えるのか」を意識してみた方がいいとは思いますよ。もっと言えば、洋服の雰囲気によって見え方も違ってくきますからね。単純な太さを気にするのはやめた方がいいでしょう。

 

ただ、どうしても気になるということもありますから、そういった場合のことも考えて何らかの対策をしておくことは必要かもしれません。ちゃんと対策をすることで気持ちが安定しますし、実際に理想の体型に近づいていくと自分に自信を持つことができるので、よりよく自分を魅せることができますからね。

 

足の太さが気になって、自分の下半身にコンプレックスを感じているのならこのブログでも紹介しているグラマラスパッツはおすすめですよ。履くだけで下半身周りをケアすることができますし、無理なダイエットを必要としないので自分のペースで理想を目指せます。

 

もし下半身周りにコンプレックスを感じているのならグラマラスパッツを試してみてくださいね。

page top